引き出物の予算と選び方。ゲストに喜ばれる引き出物

トップページ > 引き出物

引き出物

引き出物に関する基本情報

「引き出物」地域や家で慣習があったりし、差があることはご存知の方も多いはず。たまにTVなどでもやっていることがありますもんね。どうせなら喜ばれるものを贈りたいですよね!喜ばれる引き出物、人気のある引き出物を中心に予算についてまで詳しくこのページで解説させて頂きます。

引き出物を選ぶ時のポイント

まずは最低限これは抑えておきたいポイントが2点!それが「重くないもの」「かさばらないもの」 遠方からお越しの方がいるのであれば最低限これは抑えておきたいですね。

次に出席してくださる方々の年齢等を考慮いたしましょう。若い人に年輩向けのものを贈ってもあまり喜ばれないでしょうし、逆は失礼です。ゲストによって贈り分けをするのが昨今の流行でもあるようですし、喜ばれるという観点からもオススメいたします。

あとは地方色を出すのも良いですよね。地方によって引き出物の必需品なんてものもあります。ちなみに富山県では「鯛の形をしたかまぼこ」が必需品のようです。重くて評判は微妙だったりするようなのですが、こういうのは歴史がありますし、その地域を知ってもらうのには良いですよね。いつも同じような引き出物も寂しいですし。
地方色というのは地域の特産品でも良いですよね。食器で有名なら食器、タオルで有名ならタオルでも素敵だと思います。ただやっぱり年齢を考慮に入れたり、地元出身の参加者ばかりだと喜ばれない恐れもありますのでゲストを見て決定するのが一番だと思います。

引き出物の予算

誰しも気になるのが引き出物の予算。結婚式に出席した場合に引き出物を見て「いくらぐらいかな?」と考えてしまう人もいることでしょう。あまり安すぎるのも問題があると思います。引き出物の相場は披露宴の飲食費の3分の1を目安と言われております。

引き出物の注意点

式場で引き出物をお願いする場合は良いのですが、持ち込む場合は手数料を取る式場もありますので気をつけましょう。あと困るのが名前入りの引き出物・・・貰ったほうが困るものを贈るのはやめましょう。
カタログギフトを引き出物にする場合、3000円の予算設定ですとだいたい2500円程度のものになります、カタログギフトを選ぶ場合は+500円~1000円程度にすると良いでしょう。

オススメの引き出物

正直なところカタログでの引き出物もありきたりすぎて飽きている人も多くいると思います。地場の面白い商品や、カタログでもこだわりのカタログなどもありますので少し調べると良いと思います。
ゲストに喜ばれるものを贈りましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ブライダル 小物・アイテムナビ All Rights Reserved.